2013年1月15日火曜日

ゴッシーの好物:カンカイ

ゴッシー「オレね、魚大好きにゃん。特に冬はカンカイにゃん!あのね、開いてる奴でもいいんだけど、今、手に持ってるような魚の形のままが旨いにゃん。もみもみしてほぐして食うのが旨いにゃん。まぁ、別に大東食品のじゃなくてもいいけど、だいちゃんってキャラがいいにゃん(絵の右上参照)。ノシャップの味がするにゃ~ん」

2013年1月12日土曜日

マイルドで行こう born to be mild

猫DJゴッシーの新作ポスターが出来たよ~。

 タイトル:マイルドで行こう! title : Born to be mild
大きさ size 728mm x 1030mm
イラストボード(厚さ3ミリ)にアクリルとインク。 acrylic and ink on illustration board
画家 painter: ハル吉 Harukichi











 以下、ざっと製作過程

2013年1月6日日曜日

新年コラージュNew Year Collage

できるだけ楽しげにした。

 size 53cm X 33cm, texts added digitally

  size 48cm X 38cm, texts added digitally

去年を振り返って見ると、100万円失ったりと最低の年だったが、まぁ
最悪というのはあくまで相対的なものです。60有年の中で今年が一番悪かったというだけです。年を越すという事業をやり遂げたと思えば、人生で最もやりがいのある年だったかもしれません。
「がんと闘った科学者の記録」戸塚洋二より
ちなみにこの本と「抗がん剤は効かない」近藤誠と「がん 生と死の謎に挑む」立花隆をセットで読むと良い。


さて今年の目標だが
誰かから認めてもらえないとしても、そこに何か尊い価値があるのではないかと考えて、それを逆に生かして、助けてもらっているという意識を持つべきかな、(中略)、まだまだ足りないから認められないんだとか、まだまだ気付いていないところがあるから認めてもらえないんだとか、そうやって高い視点から見ると、敵対的な関係からさえも、自分の利益を得られるという考え方が大事だと思っています。
「オウム事件17年目の告白」上祐史浩より
本書は全くスカスカの内容で怒りに燃える。ただし、上祐が悪いのではなく、オウム逃走犯が全員捕まったから、何か書きませんかと依頼した(複数あったらしい)出版社が悪い。内容が無くても上祐が書いたってだけで、一定数売れるからだろうけど。帯には「その口を開いた!」って煽り入れて、確かに口は開いたけど、「全部知りません」だから(笑)。ちなみに印税はオウム事件被害者への賠償に充てるそうだ。


今年も出来ることをやって行こうと思うけど、たぶん、毎年同じ感じで、
(前略)この社会がどのような反応をするかはわかる。それはきっと、圧倒的なまでの無関心だ。
「A3」森達也より
 2012年に文庫化された本書は実に素晴らしい内容。文庫にあたり大幅加筆したらしいので、単行本持ってる人も要チェック!