2012年1月28日土曜日

猫DJゴッシーの音楽日記

「猫DJゴッシーの音楽日記」クリスマス編
クッリクで拡大

この漫画でゴッシーが選んだ曲は
ホーリー・マーター「座頭市」


とマノウォー「父」


たった一頁描くのに2週間かかった。漫画家への路は遠い。

2012年1月13日金曜日

楳図かずお表敬作品

13日の金曜日なのでホラー絵を投稿する。オレが猫DJゴッシーの専属絵師なのは、みんな知ってると思うけどさ、この前の夜、ゴッシーが俺を呼び出してさ、ちょっと出かけるから着いて来て絵を描いてくれって。
まさか殺人現場を描く事になるなんて、ビックリさ。な、ゴッシー。


ゴッシー「びっくりさせてゴメンよ。ちょっと殺したいやつが居てさ。折角だからハル吉に現場を記念に描いてもらいたくて」
ハル吉「へぇ、ゴッシーにも殺したいヤツっているんだ」
「いるニャン。DJしたのに料金払わないやつとか、善意に付け込む人間とか。労せずして100万円ゲットするヤツとか。猫界にはそういうやつはいないけどさ」
「そっか。人間と関わると大変だね。そういえば、殺してる時、ハンディトラックスでレコードかけてたよね。あれ、何?」
「ミートローフの『しょっぱい人生。オレは金を取り戻したい』ってやつ」



「それででさ、メッタ刺しにしてる途中で曲終わってさ、別のかけたでしょ。あれは?」
「あれはこれにゃん」


はい、ってな感じでオリジナルは楳図かずおの「洗礼」三巻でした。

楳図かずおに一番影響を受けた漫画家といえば金子デメリン

2012年1月8日日曜日

猫DJゴッシーのイラスト集完成!

猫DJゴッシーのイラスト集がやっと完成した。マルマンの手のひらサイズのスケッチブック(S160)がオリジナルサイズ。一冊24枚描くのに半年以上かかったかな。
模写した文献は『The Circus: 1870-1950』Noel Danie編(Taschen刊)。

オフシャルサイトの右側「leaf through!」ボタンをクリックすればかなりのページを閲覧できる。
さぁ無料ダウンロードしてPDFで楽しんでくれ。

以下はバラしてjpgにて公開。

2012年1月4日水曜日

無声映画「狂った一頁」伴奏音楽ハル吉

無声映画「狂った一頁」(1926年製作)衣笠貞之助監督の予告編にハル吉が音楽を付けたよ。

オリジナルサイレント予告編はこちら
映画の情報はこちら

Harukichi composed an accompanied music for the trailer of the silent film "A page of Madness" directed by Teinosuke Kinugasa, made in 1926.
The silent trailer is here.

作曲ソフトはシベリウス6、音源はSC-88Proを使用した。パソコンの能力がもう限界でシベリウス付属のソフト音源が使えず、クレッシェンド・ディミヌエンドが反映できなかった(正確に言えば出来るのだが、MIDIメッセージが理解できなくてオレには無理)。同じくパソコンの能力不足で、音と映像の同期も上手くできなかった。微妙にズレてる所あり。音と映像を合わせた書き出しに2時間もかかったよ(笑)。マジでそろそろパソコン買い換えないと。